子供の矯正歯科治療

悪い歯並びかみ合わせは、お子さんの顎の形や顔立ちの成長発育に影響を与えます。

また、学校でからかわてたり、お子さんが成長するにつれて、本人もそれを気にするようになつたり、精神面にもマイナスです。

そのため、早い時期から成長発育を正しい軌道にのせて見守ることが大切です。またこの時期は、上下顎の成長発育を望ましい方向、位置へとコントロールすることも一部の症例では可能です。
それにより、症状の重症化を防止したり、第2期の治療を簡単にすることができます。

一般的には、6、7歳で前歯の永久歯が生え変わってくる時期に一度後来院をお薦めします。とはいえ、顔が一人ひとり違うように歯並びも違います。
すぐに、矯正歯科治療をはじめたい人と、成長を待ってはじめたほうが良いケースもあります。

子供の矯正治療の流れ

小学生低学年

子供の矯正歯科治療は、成長発育に沿って行われるものです。通常二つのステップに分けて行います。

小学生高学年

矯正歯科専門医とは?
年齢別治療
矯正前の虫歯について
虫歯にならない為に
痛みの少ない治療法
矯正後のメンテナンス
ページの先頭へ